FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

日本相手以外では通用しまいに
日本と違い、諸外国は韓国の特許侵害に容赦しない。
2017年12月25日 - 清涼飲料水「レッドブル」の商標を管理するスイスの法人が、雄牛をモチーフにした マークが類似して混同の恐れがあるとして、自動車用品を扱う韓国の会社を相手に商標 の登録無効を求めた訴訟の判決で、知財高裁は25日、レッドブル側の請求を認め、 登録を有効とした特許庁の審決を取り消した。

日本相手だと何でもできるとして、技術だろうがデザインだろうが漫画文化だろうが朴李(パクリ)放題で通ってきたから、丁(ちょう)しに乗って、日本以外でも通用すると勘違いしたらしいが、そうはいかなかった。
今後は、このようなものは軒並み槍玉に上がって、手酷い制裁を受けることになるに違いない。
日本が基礎から教えた鉄鋼生産も、ダンピング輸出をして外国市場を荒らしまわるので、高額関税をかけられるようになったという。

日本も、もうそろそろ適正な対応をしていくようにした方が良い。
「まあまあ」と大目に見て許してきたことが、何の感謝もされることなく、気が付いたら厚顔にも韓国起源説などを唱えて、日本に対し「真似するな」などとホザク物がいかに多くなっていることか。
日本を悪く言わない友好的な国なら兎も角、仇なすことを次々にやってのける国なのである。
隣国だから仲良くしていこうと此方が思っても、全く通用しないのだから、必要以上に肩入れしてきたこれまでのやり方では、お互いの為にならなくなってきている。
まずは約束を守るということから始まらないことには、この先が望めない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、12月20日、第10部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.