FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

超人だからできるのではない
トランスジャパンアルプスレースという、とてつもない体力と精神力を試されるレースがある。
コースに含まれる山々のいくつかには実際に登ったことがあるから解かるが、どれ一つだって
苦しさを感じることなく登り下りすることはできない厳しさを伴う。

レースの模様を放映しているのを見ていて、自らを反省することしきりであった。少しくらい苦しいからと言って泣き言をいうのが恥ずかしくなる。
肖って頑張ることにしたいと思う。

人間の限界を見極めよう、あるいはそれを越えようと決意した人たちが、歩き続ける中で膝を痛め、加えて筋肉疲労により悲鳴をあげて動かなくなる足を叱咤し、血豆とともに剥がれた爪や足裏一杯にできたマメからくる激痛に耐え、それでも諦めずに1歩でも前に進もうとする気力というのは、一体どこから来るのだろう。

自分に負けないなどという簡単なことからくるものでは決してあるまい。
世に知られた超人たちばかりが参加しているのではなく、どこにでも居そうな人たちが、自分の意思で参加しているのである。
疲れ果てて睡魔に襲われても、半分眠りながらでも歩を進める姿に圧倒された。

日本海側の富山湾から北アルプス・中央アルプス・・南アルプスを縦断して、太平洋側の駿河湾までの約415キロメートルを一週間(+予備日1日)で、交通機関を一切使わずに自分の足で走る・歩くことで競う競技なのだという。
山小屋での宿泊禁止で、キャンプ指定地でのテント泊を行うなどの特別な大会ルールがあり、参加にも厳しい条件が付けられている。
距離415km、累積標高差26662mの平均傾斜は6.4%であり、国際的なトレイルレースのもっとも過酷な部類、Category ALに相当する。
海外で最も過酷なウルトラマラソン・トレイルレースのひとつといわれる、ウエスタンステイツ・エンデュランスラン(160kmを24時間以内、登りで5500m)と比べても、その2.6倍の距離を走るという過酷さである。
コースは平均的なハイカーのペースで約33日かかる距離であるが、参加者はこのコースをたったの5日から8日で走破する。

・コース概要
早月川河口(スタート)-馬場島-
北アルプス(剱岳-薬師岳-槍ヶ岳山荘-上高地)-
上高地-薮原駅-旧木曽駒高原スキー場-
中央アルプス (木曽駒ケ岳-空木岳)-
駒ヶ根高原-市野瀬-
南アルプス (仙丈ヶ岳-塩見岳-赤石岳-聖岳)-
畑薙第一ダム-井川オートキャンプ場-井川ダム-富士見峠-静岡駅-大浜海岸(ゴール) 


・距離 約415Km
・累積標高差 約27,000m
走り終えた人たちの爽やかな顔は、千日回峰行を成し遂げた大阿闍梨のようであった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、12月20日、第10部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.