FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

日本側がすることはもうないのでは
オリンピックがあることで、南北朝鮮の会話が持たれたようであるが、根本的問題にいきつくことはなく、時間稼ぎに利用されるだけであるのではないのかとの危惧が強い。
南も北も、約束を守るということに信頼性がおける民族であるとは思えないからである。

処女が子を産んでも言うべき言葉がある。
処女が子を宿すはずはないが、それでも産んだのには理由がある。つまり「何にでも理屈はつけられる」ということ。
自分に分がないことでも、一点でもいうべきところがありさえすれば、それを大声で主張し、相手がひるんだ隙を見てさらにたたみかける。自己主張の強さが韓国人は尋常ではない。
『韓国朝鮮ことわざ辞典』(金容権・著)によれば、そうした諺は、朝鮮人のもつ特性の一端を実によく表しているというが、日本人の感性では理解できない。

「豆の一粒も分けて食べろ」という諺が韓国にはあるのだとむかし聞いたとき、僅かな物でも分け合う民族なのだと感心したのだったが、今はそう思わない。
彼らに博愛だとか平等だとか対等などという概念は育っていない。
自分が持っていないものであれば、たとえ豆一つという僅かな物でも取り上げてしまおうという自分勝手な考えから出ているのだということが、他の諺を見れば容易に推定できる。ググってみればいくらでも出てくる。

「いとこが田畑を買えばお腹が痛い」⇒自分より他人がよくなるのが妬ましい。というのでも判る通り、自分が努力するよりも近しい人の成功は我慢ならないという感性からきているのだと思う。
彼らはどういうわけか、自分に親切にしてくれたり優しくしてくれる人を、食い物にしようとするケがある。
日本などは格好の餌食であった。
何をどこまで譲歩し、援助を続けても飽くことがない。
国が悪いのか国民が悪いのか知らないが、ニワトリが先かタマゴが先かというのと同じで、彼らが気づくまで変わることはなさそうである。
国交断絶というほどの極端なものでなくても、もうそろそろ付かず離れずの距離をとった方がよさそうである。
慰安婦合意は、実質的破棄に等しい。蒸し返しの理由は上記の通りの感性からである。
世界有数の売〇婦輸出国であるとされているのが諸国の認識であろうが、それを改善するような動きは全く見せないまま、いまだに像の設置に勤しんでいる。

今後は、韓国がロビー活動しまくって米国などで教科書にまで捏造歴史を記載させたようなものを、訴訟などにより訂正していくしかない。
「天皇からの下し物として、日本軍兵士に14歳から20歳の少女が性奴隷として与えられた。」などという記述は常軌を逸していよう。
こんなことになった原因でもある朝日新聞の責任は重い。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、12月20日、第10部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.