FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

実情が判ってものを言っているのだろうか
どうにも理解できないことがある。
自国の政治家が、自国の政権を批判するのはわからなくはない。彼らが信じる主張を掲げて選挙で戦ったのだから、言い足りなかったと思っていることがあるのだろう。

ただ、彼らが政権をとれなかったのは、それらの主張が限られた範囲にとどまり、全般的な政策に信頼がおけないと判断されなかった結果であることは、いかに理屈をつけてみたところで否定しきれまい。
国というのは総合的に運営されるものであるから、全部が良いということも全部が悪いということもないのだから、国民がどこら辺にバランスをとったかということになる。
そこのところを抜きにしてものを言うのは、民主主義の否定につながる。
やっかみ半分で自説に固執しすぎると、国民を馬鹿にしていると思われることと同義のことをを言いかねない。
流石に、政治家が他国の政治家を貶めるようなことは言わないようだが、評論家あるいはコメンテーターと呼ばれる人の中には、他国の細かな実情なぞ判る筈もないのに、やめておいた方が良いと思われることを口走ることもあるから、聞いていて冷や冷やする。
一体何様であると思いあがっているのだろう。そんなに偉いわけでもなかろう。

他国の事情の何を知って何を根拠に放言できるのかが解らない。
他国には他国の事情があり、その中で選挙により首長は選ばれる。それを器ではないなどと、どの口をもって言えるのだろう。自分ならできるとでも思っているのだろうか?

責任感の重さは、そんなコメンテーターの判断力など軽く超えたところにあるのだという謙虚さがないと、他国民をも馬鹿にしていることと同じではないのか。
解らないことは解らないのである。口出しできることでもない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、12月20日、第10部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.