FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

日本人には消化酵素があったから海苔は昔から食べられていた
海苔は日本人の食卓から外せない。焼きのりも佃煮も美味しい。
しかし、海苔を食べて消化できるのは日本人だけなのだという。他民族は、食べてもそのまま排泄されてしまうらしい。
ゾベリア・ガラクタニボランという海洋性バクテリアが、アマノリ属の海草に含まれる多糖類を分解する酵素を持っていることが発見され、日本人がノリを消化できる理由がわかったのだという。

日本で最初の法律書である大宝律令(701年)には、朝廷への租税として約30種類の海藻類が挙げられていて、その中でも海苔は高級品だったと言われています。
当時は庶民には高値の花で、上流階級である貴族のご馳走だったようです。
江戸時代中期になると、四角い板海苔が登場し、色々な具を芯にしてご飯を巻く海苔巻きが現在のファーストフードのような感覚で流行した。
海外でも海苔を食べる国はあるが、日本と比べると歴史は浅い。
日本以外の国は海苔を焼いて食べる。腸内にバクテリアがいないため海苔の栄養分を吸収できない。

韓国にも「韓国海苔」があり、例によって起源説を唱え、日本の海苔なにするものぞと息巻くが、実はああいう「板海苔」の製法と味を付けた海苔を食べる食文化や海苔の養殖技術は、日韓併合後に日本から伝わった技術と食文化なようです。実際に韓国で商品として流通していた海苔は、ほぼすべてが日本品種だったそうです。韓国で開発された品種が出てきたのは、なんと2012年、つい最近のことだという。

まあどうでもよいが、日本の文化ということになると、何にでも敵愾心を燃やし、韓国起源説を唱えるが、やめておいた方が良い。
仮に百歩譲って起源が韓国に有ったとしても、それを文化として発展させることができなかった民辱であったと追認するに等しい。
大抵のものは、証拠を提示して手厳しく反論されて終わる。
そろそろ桜の咲く季節であるが、ソメイヨシノは済州島に自生していたものだと、いまだ懲りずに毎年花の時季になると主張する。
ソメイヨシノは江戸時代に人工的に作られた品種であり、自然界には存在していなかった。
DNAにより完全に論破されているのだが、愚かにもそれを理解できず、毎年躍起になって彼らは話題にするが、相手にもされない。
花見の風流は、日本から世界各地に広まった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、12月20日、第10部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.