旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

選手の競技結果だけを責め立ててどうする
オリンピックの選手というのは、数多くいるその競技者の中から代表として選ばれただけでも凄いことなのだと思う。
その上メダルまで獲得したら、文句なく称賛の対象だと思う。

外野席から勝手にメダル獲得を期待して、それが叶わなかったとして選手を責めることを平気でTVなどで公言できる人たちの神経というのはどうなっているのだろうか。
専門外なのに偉そうにして批判的にものをいうのは、聞き苦しい。
一体、選手の何を知っているというのだろう?自分はそれができたとでもいうのだろうか?
まず褒めれば良いのに、と思ってしまう。

競技なのであるから、その時の順位は決まる。それが競技というものの厳しさである。
実力が出し切れた時もあれば、運が味方しないケースだってあり、重圧を背負って出場した選手本人が一番理解していることなのであろうに、結果だけで鞭打つようなことができる人の人間性を疑ってしまう。

労うか、或いは敢えてそれに触れないでそっとしておいてあげるのが人としての優しさであろう。
血の滲むような努力と、精神的葛藤を乗り越えて出場した選手のことを軽く扱える人なんていないと思うのだが・・・
口にはださずとも、選ばれたことで果たさねばならない役目を負っているのだという自覚がない選手なぞいまい。

メダルを獲得できた方々には、深甚なるお祝いを申し上げます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、12月20日、第10部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.