FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

この先もずっと絡んでいたい
国とは何かということについては、いろんな要件があると言われている。
その中でも領土というのは、重要な構成要件であることは疑いがない。
北方領土も尖閣諸島も竹島も、我が国固有の領土であることは、歴史上からも証拠からみても否定できない。
教科書で、ようやくそれを正しく教育することになったということは、喜ばしいことである。
日本人であればそれに異を唱えることは無い筈だと思うのだが、A新聞などでは社説で取り上げて、それを政府見解だというが如き扱いで書いているらしいが、もし他国の領土だと言いたいのであれば、証拠を示して主張すべきなのではないのか。
領土というのは国民が一致して守る気概を示さなくてはならないものだと思うが、いつものことながら、回し者かと疑ってしまいたいような変な日本人や、日本人の振りをした人たちが水を差して、世論に楔を打ち込もうという動きをする。

領土以外にも捏造歴史を基にして、合意事項を反故にしてでも日本を貶める発言を、懲りずに繰り返す国もある。
オリンピックが終わったらそれをするだろうと予想されていた通りというのが情けない。
二国間では論破されてしまって敵わないから、事情をよく知らない他国に行って、同情を引くような拵えをして蒸し返すから質が悪い。
そうなのかと勘違いする人が一人でもでれば儲けということなのかも知れないが、約束も守れない言動を恥ずかしげもなく続けるのではどうにもならない。先様がこれでは、この先も決着はつくまい。

日本側が今まで譲り過ぎたということで、日本相手なら何をやっても構わないと勘違いさせてしまった弊害もあるだろうし、遺憾だということだけで終わらせてきたことにも原因がありそうである。そろそろ効果的な対処法をとらねばなるまい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、12月20日、第10部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.