FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

鵜呑みのままでは
マスコミの報道は、どうも中国よりの記事ばかりが取り上げられているように思える。
歴史と国際法からみて、我が国の領土なのだということを主張するよりも、先の大戦や経済がらみの話に論点を持っていきたいのではないかと思えてしまう。

「日中記者交換協定」なるものがあって、中国に不利なことは書けないということなのかも知れないが、領土問題とそれらは別の問題であることを論理上分けて議論するべきである。
ネット上でマスゴミと書かれるような偏向報道は避けるべきだと思う。

領土を主張することが何故、右傾化だと括られるのか理解に苦しむ。国を守るのは、極めて当然なことであり、そのために譲れない信念を無くしては、国の形態を維持できまい。
マスコミの報道は怖いのである。自分で調べても、事実関係はいくらでも出てくるのだから、鵜呑みにだけはしたくない。

ここにきて、中国側の外交文書の中に、尖閣諸島は日本の領土だと認めている資料が出てきたという。
にもかかわらず、それを国内に知らせることなくして、中国では戦争を煽るような論調が高まっていることのニュースの方が大きくとりあげられている。
日本が戦争をしかけるわけもない。ただ、事実を主張しているだけだと思うのだが・・・
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.