FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

近隣諸国のことを知らなすぎる
中国(中華人民共和国)は、日本、台湾、韓国、モンゴル、ロシア、インドなど多くの国々と領土問題を抱えています。と言っても、中国側の主張ですが・・・

国境紛争ということにして、言葉上は曖昧な報道をされただけで過ごしているが、実質的には戦争という方が当たっていると思える。
第2次世界大戦以後に近隣諸国とそれを繰り返した国は、世界で中国くらいしかあるまい。
中国は基本、大陸国家であると思うが、海洋に出て覇権行動をしようとしている。
南沙諸島にも勝手に領有権を主張し、人工島を作って基地化しているが、今のところどの国も効果的な対抗策をとれないでいる。
いかなる目的かは知らないが、中国は海軍力を増強しても、台湾と沖縄の間を抜けるか、或いは日本列島と北方4島の間を抜けるかしないと、太平洋には出られない。
その場合に邪魔になるのは、日本とロシアということになる。
尖閣諸島に威嚇的に侵犯を試みるのは、尖閣周辺の資源に色気を感じていることもあるだろうが、
何とか日本との戦端を開く口実にしたいという思惑がありそうに見える。

しかし、領界を侵犯されたらきちんとそれを排除しなければならないことは当然である。
悲しいかな、日本は法の整備も弱いし、何よりも国民の覚悟を促すような流れになっていない。
陸上自衛隊のイラク派遣時の日報が見つかった問題も浮上したからまたまた野党が騒ぎだすにちがいないから、国防に対する備えは進みようがない。

近接する中国や韓国や北朝鮮やロシアが、どんな国であるのかと理解できるような解説の場は、意識的に避けられているように思えてならない。
仲良くしていくに越したことはないが、近隣はそんなに善良な国々ではなさそうにも思えてならなが、実態を知らないことには対応することはできまいから、知って理解しておきたい。
ある日突然に知らしめられるというのは勘弁して欲しい。手遅れになってからではどうにもならない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年3月19日、第11部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.