FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

難癖にしか聞こえないことばかり言っていないで
サンデーモーニングの番組において、O氏が「丸川議員の質問を以って関わり無しが明白になった、って私にはその筋がどうしても通らない。指示なしの『無し』って証明はできない。なかったんですってことが証明にならない」と言い放ったそうである。
確かにそうかも知れないが、「あった」として証人喚問した側が、あったことを証明しなければならない立場だったのではなかったのか?
なかったことをなかったと証明することは難しい。悪魔の証明 と言われる所以でもある。法治国家においては、立証責任は疑惑がある、とする側なのではないのか?

A新聞のJ記者が「なるほど昭恵夫人は騙されたのかもしれない。しかし教育勅語に吸い寄せられて騙された方が悪い。」というような内容のことを言っているらしい。
土地の値段値引きについて関与があったから悪い、ということではなく騙されたことが悪いのだという論調に変えたのだということに他なるまい。
それは、今までの報道の仕方について、逃げ道を作っているとしか思えない。
国民の多くが、報道に対し懐疑的になってきているのに危機感でも覚えたということなのだろうか。
報道しない自由も含め、書いたシナリオ通りに事が運ばないからだとしたら情けなさすぎる。

マスモミと野党が総がかりで1年にもわたって騒いできたが、土地取引に関する不正があったかどうかではなく、本筋と離れた広範囲な方向に行ってしまっているように思える。
いつまで時間をかけても収拾はつかない事案となってしまっていないか?

一連の動きの中で明確になったのは、籠池氏の補助金詐欺だけである。籠池氏は逮捕されたが、関連して浮かび上がってきた同様の土地取引であったと思われる野田中央公園についてのT氏の疑惑は、スルーされたままである。
T氏が政権与党にいたときの話しであり、東日本大震災のときの義援金収支報告もされていないと取り沙汰されてもいるから、お構いなしというわけにはいかない。
こちらは何故に報道もされず問題視もされないのだろうか?疑惑だといえば同じなのではないのか。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年3月19日、第11部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.