旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

実は資源大国であると知る日本人が少ない北朝鮮
北朝鮮は核兵器とミサイル以外の開発で富を使い果たし、貧しい国なのだと舐めてかかってはいけない国なのである。

「北朝鮮の主要統計指標」によると、2008年時点で北朝鮮の地下鉱物資源は総額で6兆4000億ドルもあるといわれる資源大国なのである。
内訳は黄金2000トン、鉄5000億トン、マグネサイト60億トン、無煙炭45万トン、銅290万トン
ニオブ・モリブデン・タングステン・ジルコニウム・コバルト・マンガン・チタンなど北朝鮮に豊富な鉱山の存在が確認されている。ジルコニウムは原子炉材に使われることから、今後の需要増は無視できない。

資源大国なのに、なぜ貧困なのか?との疑問はわくが、実際には喧伝されていることとは違うように思える。
日本、アメリカなど数カ国を除いて、世界中の国が北朝鮮と国交があり、盛んにビジネスが行われているのであった、孤立しているなどとは言い難い。

主要なウラン資源国は、埋蔵量の多い順にオーストラリア、カザフスタン、カナダ、南アフリカ、アメリカ合衆国などであるが、採掘可能な埋蔵量が推定400万トンの北朝鮮が確認埋蔵量のナンバーワンのオーストラリアを上回る可能性があるのだといわれる。

自分達で掘ろうとしても、資源探査技術も掘削能力も現時点では殆どないというだけのことである。
唯一の例外は石炭で、人海戦術により無料の労働力(革命家区域とか完全統制区域に送られた人員)で掘っている。

採掘権を他国の企業に売り渡すということは実際やっている。そういったことを理由にして粛清された独裁者ファミリーの配偶者だった高官もた。

どのようにして誰が採掘しているか詳細なところは不明であるが、金の採掘もやっている。
その取引はシンガポールにあるペーパーカンパニー(以前は香港にあった)を通し、ロンドンで取引されている。
我々から見ると「誰が買うの?」という北朝鮮ウォンがアングラのような市場でじわじわと価格が上がり、国際情勢の影響下で値が付いているのだともいう。

とてものこと、韓国が主導して北朝鮮を統一するなどということはできまい。
このような国が核兵器の力を背景にし、現在のような専制政治のままで他国と対峙したら、それは脅威以外のなにものでもないということを知っていた方がよい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年3月19日、第11部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.