FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

いつまでたっても感情的では
何時まで経っても歴史を正しく認識できず、捏造教育に洗脳されてもはや正常な思考ができなくなってしまっているのだろうか?

旭日旗を問題だと言い始めたのは、つい数年前のサッカーの試合において韓国選手が犯したマナー違反が国際的顰蹙をかったとき、苦し紛れに、観客席に旭日旗があったのを見たからだと言い訳にもならない言い訳をして以来ことではないのか?
難癖をつけるために理由付けをしているようにしか思えない。
直接戦い合った相手国でも、旭日旗を問題視する国はないのではないのか?
ましてや、韓国と日本が戦争したことなぞ無い。同じ国だったのである。
韓国だけが見当はずれな文句をいっているのだと、自分たちは思わないのだろうか。
それが、大学教授にしてこの体たらくとは・・・
https://www.youtube.com/watch?v=CEdY-Z9Ga1Q

頭に血がのぼりすぎたかどうか知らないが、日本を憎み続けるために、次から次へと種を探し、感情的で上から目線でするこれらの言動は、ヘイトスピーチそのものではないか。
原爆を落とせだのなんだのと、人倫の道さえ踏み外すことを公言するとは、限度を遙かに超えてしまっている。人間ができることではあるまい。
何をどうとちくるったのかしらないが、日本が韓国を攻めるなどと本気で思っているのだとしたら、哀れとしか言いようがない。
日本は頼まれたって韓国に攻め入るなんてことはしない。関わりをもつことにはもうこりごりしているのである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年3月19日、第11部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.