FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

報道で世論は動かない?
先日、年間で何億円もの募集費を使っているというある会社社長の話を聞く機会があった。
人手不足の業種ということもあり、全国展開もしている会社だから、いろいろ対策を考えているらしい。
百数十人を集めた会議で「この中で新聞を購読している人?」という質問をしたところ、手を挙げたのは僅か10数人のみであったという。
高い広告費を払って記事を掲載するばかりでなく、折り込み広告までしても、これでは効果が出ないということを実感したのだという。

新聞の発行部数が激減しているということを、最近はよく目にするようになった。偏向報道に嫌気がさし、捏造報道に辟易して購読を止めたという人が多いのだとも聞く。

真実を伝えるという報道の本来の役割からはずれ、自社の思惑に沿った記事ばかりを載せて世論を誘導しようとしていることが見破られてしまっているということかも知れない。
どちらが合わせているのか知らないが、そんな論調と歩調を合わせる野党の支持率が下がるのも当然ということになる。
考え方の変調は、外務大臣の海外出張が多すぎるなどと口走るような国体委員長まで居ることに繋がっている。観光に行ったのではなく、他国の要人と会談を繰り返しているのが判らないわけではあるまい。にもかかわらずのその見識違いには呆れるしかない。

日本がした調査ではなく、外国であるイギリスが、長引く日本の政治問題をとらえて調査したところ、「モリ・カケ問題の報道で世論は動かない」との結果を出したというyoutube動画があった。
https://www.youtube.com/watch?v=LVtr_Uf1SvM
外国人がそんな指摘をしているということに残念さを覚える。事実を曲げると人は動かないのだと、改めて気づかされるとは・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年3月19日、第11部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.