FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

愛とは何?

言葉が持つ音というのがあるが、同じ音でも意味が違うようでいて通じていることもあるように思えます。

そんな言葉の持つ音のエネルギーを感じてか、スルメは擦るのが嫌だからアタリメと言ったり、

梨は無しに通ずるからということでアリノミなどと言い換えたりもします。

 

そうしてみると、愛とは何なのだろうか?

日本における愛とは、昔はカナシと読んでいました。

今の愛に近い概念は、「慈悲」。慈悲は愛よりも広く深い意味のようですが・・・

青は藍より出でて藍より青し。愛より出でるものは何なのだろうか?

 

吾意、自分の思い。Iは、自分。我意と音感も意味も近い。

阿意、阿呆な思い。

哀、悲しみ。

 

天の意は、天意(てんい)と読むけれど、天を「あ」と読めば、天の意思も「あい」なのかも知れません。

言葉の持つエネルギーは多分物質化するから、意識して使わなくてはならない。

初めに言葉ありき・・・キリスト教徒ではありませんが、言葉が世界を作っているように思うことがあります。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

幸せになりたいと言いながら、自分がなにもしないのでは、今の状況が変わるわけがありません。

やると良いと頭ではわかっても、やらない理由を見つける名人でいては、何も変わらないのですから・・・

 

でも、なにをやればいいのかが分からないから、何もしないでいるのが普通です。

 

できることは有ります。やってみると、今まで見えなかったものが見えてくるものです。

 

なぜ、自分で墓石クリーニングをするのか

http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.htm

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私の書いた 小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進む。

http://aa3take.web.fc2.com/syortstory1.html 

 

気づけばわかる潜在意識へのヒント

旅行・登山・お出かけから得た幸せ日記

http://a2take70.blogspot.jp/

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.