FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

体罰は

体罰についての問題が次々に問題化されています。

アメとムチ。教育というものは、ある種の強制でありますが、どこまでが許容範囲で、どのように行うのが理想的なのかは、確立されていない。

体罰がいいか悪いかということだけを捉えれば、ない方がいいに決まっている。

 

ただ、議論の仕方を聞いていると、これでこの先無くなるとは思えない。

 

最も無責任だと思える意見は「言えばわかるのだから・・・」というものだと思えてならない。

スポーツに限らず、「言えばわかる」というのであれば、世の中に犯罪は起こらない、ということになる。泥棒も交通違反も暴行事件も皆無になる筈。

でも、それらには強烈な罰則が科せられても尚、無くなりはしない。

 

「解る」と、「できる」「しない」は、別のものなのだと思う。

 

ルールを互いが守るということは、全体のバランスが取れたルール作りと、如何にしてそれを順守するシステムを構築し徹底していくかということであろうから、簡単には行くまいが、人類の知恵を絞らねばならないことであることは確かです。

 

問題が起こったとき、その一部分だけを取り上げて、耳触りのいい事だけを言い合うのではなく、全体像を検討しなくてはならないのだと思うが、人類誕生以来の歴史を積み重ねてなお、未だに解決できていない大命題なのです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

幸せになりたいと言いながら、自分がなにもしないのでは、今の状況が変わるわけがありません。

やると良いと頭ではわかっても、やらない理由を見つける名人でいては、何も変わらないのですから・・・

 

でも、なにをやればいいのかが分からないから、何もしないでいるのが普通です。

 

できることは有ります。やってみると、今まで見えなかったものが見えてくるものです。

 

なぜ、自分で墓石クリーニングをするのか

http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.htm

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私の書いた 小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進む。

http://aa3take.web.fc2.com/syortstory1.html 

 

気づけばわかる潜在意識へのヒント

旅行・登山・お出かけから得た幸せ日記

http://a2take70.blogspot.jp/

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.