FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

ミサイルは相変わらず作っている?
北朝鮮が、核とミサイルの開発を続けているらしいという。
不思議なことに誰も驚かない。
毎度のことだから、周りが嘘に慣れっこになってしまっているのだとはいえ、そのまま放置したのでは危険が大きすぎる。
日本の安全保障上、重大な影響があるから軽視できないが、効果的なてだてがないことが何とももどかしい。

総じて朝鮮民族は、嘘をつくことに抵抗感が無いように見えるし、過ちに対してそれを認め謝罪することはしない。
中国の属国化したことが長かった李氏朝鮮時代には、過ちを認めることは即ち死につながったであろうから、認めることはおろか、嘘を言ってでも言い逃れることが、民度としてやむなく身についてしまったのかも知れない。

儒教国だと自慢するが、それは形骸化してしまって上っ面だけのことになってしまい、根本理念を汲み取ってものの用にたてるという方向にはならなかったのではなかろうか。
例えば、「身体髪膚これを父母に受く 敢えて毀傷せざるは孝のはじめなり」ということを一つとってみても、儒教を理解していたら、美容整形大国などと悪口を言われることはなかったであろう。
表面的理解の下、体を動かす仕事は下賤の者のやることとして蔑んだから、優秀な技能を伝える職人など育たなかった。先進国の殆どは、技術者が尊敬されている。

ケンチャナヨ精神というのも国民性だと言われる。 ケンチャナヨとは、韓国語で『大丈夫だ』『平気さ』『ま、いっか』というニュアンスの言葉で、仕事についても「細かなことを言うな、ほどほどで良い」ということに繋がり、「手抜き」に結びついた。製品の不良率が高いとされる原因というのもそのあたりにありそうである。それだから信頼が得られる高級品はつくれない。

パリパリ)は他者を急かすときに呼びかける表現。せっかちな韓国人と言われるに留まっているだけだが、その本質は地道な基礎研究や試験改良を積み重ねる努力抜きで、手っ取り早く儲かる結果だけを求めることに繋がっていて、製品理念などに考えが及ばないから、中級品は作れても先進諸国を追い越すようなものは生まれ難い。価値観が違うのだとしか言いようがない。
資質はあると思うのだが、他と較べることのみに汲々としていて目を向ける方向が違うから、本質を見失っているように感じる。
日本を敵視していることで真の発展はないだろうに・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年7月2日、第12部まで書き終えました。一応の区切りとしたい。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.