FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

北朝鮮は合意を守るだろうか?
ニュースなどによると、北朝鮮は核もミサイルも廃棄する心算がないどころか、開発を継続しているらしい。
一部施設を取り壊しているとのニュースもあるが、検証させないのだから、実態は掴みにくい。我が国はその他に拉致問題の解決ということがあるのだが、今までの合意や援助を無視して知らぬ顔で通しているのが何とも口惜しい。

トランプ大統領はアメリカに届くミサイルがなければ良いということで幕引きを図ったのかも知れないが、北朝鮮は戦争をしない米国など全く怖くはない。
時間稼ぎができたことをさいわい、更に核装備を強固にするのではなかろうか。

中国と違って経済的なことには耐性がある。国民が餓死することがあっても、自分が肥満を保持できれば十分なのであろうから、打つ手はない。
ロシアや中国からの隠れた援助はあると見込んで高をくくっているのかもしれない。
困ったことに、半島の人は強権力で押さえつける人がいないと纏まりがつかず暴走する性質があるように思えるところがある。

今まで放置してきた結果、核は持ったが最後どこも手を出せないということを知らしめてしまった。いかなるボロ国歌でも核を持ったら強い。居直った者勝ちである。
核兵器は拡散する方向に向かうのを止める有効な手段はなさそうである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年7月2日、第12部まで書き終えました。一応の区切りとしたい。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.