FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

非人道的だと思うが
深夜放送などで放映されている中国・韓国の王朝ドラマというのを見ていると、宦官というのが出てくる。
大抵は権力を持つに至った陰険陰湿な性格の者として描かれている。
宦官(かんがん)とは、去勢を施された官吏である。
去勢技術は家畜に施すものとして生まれたため、宦官は牧畜文化を持つ国にのみ存在するという説があるらしい。

〔宦官〕は、なぜ、去勢する必要があったのかというと、後宮の管理運営に必要ということになりますが、自ら望んでそれを施した者も多く、大抵は王の側近にいたことで権力を得た結果として、宦官の影響で国政が乱れた例も多くあるのだという。
日本には、大奥にといえど、そういう者は居なかった。

もともと、殷の時代に異民族を捕らえて、子孫を残さないようにするため去勢していったといことらしいが、かなり古くから行われていたようです。

イスラム伝播以前のエジプトやアラブ、メソポタミア、中央アジア、インドなどの地域
中国、朝鮮、ベトナム北部などの儒教地域に有ったとされる。
イスラムが入ってきて、男女を区分するようになり消滅しますが、中国文化圏では、イスラムの影響が無かったため、清朝の滅亡まで宦官の制度が残っていた。

16世紀のイタリアでは、教会で女性が歌うことを許さなかったこともあって、美しいボーイ・ ソプラノを維持するために、第二次性徴前の少年らに去勢を施していた。
貧しい生活から抜け出る為に歌手になるということはあったらしく、自ら望んで去勢したという例も多いらしい。
「カストラート」と呼ばれた彼らは、超絶技巧の歌唱力があったという。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年7月2日、第12部まで書き終えました。一応の区切りとしたい。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.