FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

金の流れを追ってみるとわかる?
物事の流れで判らないことがあるときは、大抵の場合、金の流れを解明すると浮かびあげって来るのだといわれる。
金・名誉・地位・権力・女が絡んで歴史は動いてきたと言われるが、かなり的を射ていると思われる。
それは殆どの場合表面に出てくることなく、歴史の背後に隠され、誰が、どのように、何をしたかは、いつの間にか闇のかなたのものとして忘れ去られるように仕組まれている。
即ち、中心になっていた黒幕というのは、無傷で利を独占できるようになっている。
いうなれば、名前がわかってしまっているような人は、まだまだ小物ということになる。

謀略的なそれらが力を得るようになったのは、産業革命後に植民地主義が世界を席巻するようになってから以後に顕著なのかも知れないが、それ以前にその萌芽はあったのかも知れない。
何故そうだったのかが明らかにされないままで、何となく学んでしまったのを真実だと思い込んでいることは多い。

たとえば、明治維新で文明開化がなされたということについても、それが成功したことの経緯については、通り一遍の知識しか与えられていない。活躍した志士たちの美化された英雄伝としてしか伝わっていないが、綺麗ごとだけでうまくいった筈はあるまい。
アヘン戦争などというとんでもない無法が罷り通っていた時代、日本はそれらをどうして避けることができたのか?
高杉晋作や坂本龍馬の活躍は知られているが、いうなれば個人である。
いかに志が高かろうとも、先立つものが無くては大きなことは成し遂げられない。
坂本龍馬が大量の武器や軍船を仕入れることができたのは、誰かが金を出していたということになる。見返りもなくそんなことをする金主はいないから、その金主は誰で何を目論んでいたかということを考察しないと、その後の歴史の流れを理解することは難しい。
日本を内乱状態にして利を得ようとした勢力があったのかも知れない。
しかし、そういうことはスルーされて、そこに触れることは無いように感じる。
というのも、竜馬が手に入れた武器や軍船の提供を条件にしなくて薩長連合はできなかったのではなかろうか?と考えた方が自然だからである。悪い言い方をすれば、竜馬を手駒として使った者が居るということになる。
彼が暗殺された犯人はわからないとされるのも、背後に隠したいものがあったということになりそうである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年7月2日、第12部まで書き終えました。一応の区切りとしたい。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.