FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

自分達ではできなきくせに
第3次安倍内閣の閣僚が決まった。
所持多難なおりである時でもあり、国の為に力を尽くして欲しいと心から願う。

それにしても、毎度のことながら、野党のコメントはお粗末すぎた。
新内閣をクサスことだけに一所懸命なのが下品過ぎて、それが野党にとって益することなぞ一つもなかろうに、考えが及ばないのだろうか。

格好付けだけでもいいから「われられは、かくかくしかじかの法案の成立を考えている。成案をみられるように協力してもらいたい。」くらいのことを言ってみたらどうなんだろう?
揚げ足取りと批判ばかりに夢中になっていて、対案一つ出せないのが国民からの指示を得られなかったのだとの反省はないのだろうか。
政権批判したところで、痩せ犬の遠吠えにしか聞こえない。自分達では何もできないくせにと、見透かされているのだと思わないのでは、先も見込めまい。

政権交代が可能となる選挙制度を敷き、一度は政権交代を果たした民主党であったが、その実態は国民を大きく失望させ、次の選挙で壊滅的な打撃を受けたのではなかったのか。
野党各党に政権を担う力はないと判断した国民による選挙結果が、今の政党支持率である。
本気で国のことを考えて行動しないと、もっと厳しい状況になると感じる野党議員はいないのだろうかと心配になってしまう。
信を得るには地道な努力こそ必要なのである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年7月2日、第12部まで書き終えました。一応の区切りとしたい。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.