FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

将軍旗を掲げただと~?
二枚舌という語があるが、まさにそれを地で行ったという恥知らず。

韓国の済州島で行われた観艦式には、10カ国から、米原子力空母ロナルド・レーガンなど外国艦艇15隻を含む計39隻が参加したという。このうち豪州、ブルネイ、カナダ、インド、ロシア、シンガポール、タイの艦艇がマストや艦尾に軍艦旗を掲げた。
日本政府関係者によると、残る米国、インドネシア、ベトナムは、もともと国旗を軍艦旗として使っているため、「国際法に裏付けられた海軍の常識から見て、降ろす選択肢はない。」だから、軍艦旗を掲げなかったのであるに過ぎない。(防衛省幹部)という。
即ち、参加国のいずれもが、韓国の要請に従わなかったということである。当然と言えば当然の対応であったが、韓国がそれに抗議できよう筈もない。
 韓国国防省は事前の通知で、各国に「中央マストに韓国と各国の国旗を掲揚してほしい」「艦首と艦尾には旗は掲揚しないでほしい」と要請していた。
これは、国際儀礼上からは極めて非礼であり、誇りある各国海軍がそんな要請を受け入れるわけがない。流石の韓国軍人たちですらも恥ずかしいことだと思っていたという。
要するに、旭日旗に見当違いな難癖をつけて、日本を貶めたいだけだったのではないのか?
法律で艦尾に旭日旗の掲揚が定められている海自は、自衛艦の派遣を断念した、といういわくがある。日本だけが、韓国の顔を立ててやったということになる。
それなのに、言い出しっぺの韓国海軍は、文在寅(ムンジェイン)大統領が演説した艦艇のマストに、豊臣秀吉の朝鮮侵略で豊臣軍を撃破した李舜臣将軍が使ったものと同じデザインの将軍旗を掲げた。
韓国は、この李舜臣が自慢らしいが、これが国民的英雄だとしたらかなりお寒いのではなかろうか、というのが偽らざる感想である。李舜臣は日本との休戦協定により引き上げた薩摩軍の背後を恥知らずにも襲い、返り討ちに遭って敢無く戦死した将軍である。
韓国側は自国の国旗と韓国の国旗だけを掲揚するのが原則として各国に通知していたにも拘わらず、自国はそれを破ったということになる。そんなことをするくらいなら、いっそのこと開き直って自国の軍艦旗を使えばよかったのに・・・
いつものことながら、ウリナラマンセイということらしいが、なにをやっても首尾が一貫しないから、国際的信用を失墜する。
日米韓の同盟にも大きな傷をつけたことになるが、レッドチームに入る気満々ということか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.