FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

揃いも揃って情けなくないか
最新の世論調査(日経とテレ東)で自民党の支持率が上昇し、ダントツとなっているという。
片や野党第一党の立憲民主の支持率は減少、なんとヒト桁というお寒い状況です。
自民党  44(42) %
立憲    9(12)
国民    0(1)
公明党   4(4)
共産党   4(4)
維新    1(2)
自由    0(0)
社民    1(1)
そりゃあそうでしょう。国政調査権をもってしても違法性を立証できないモリカケ問題だけに終始し、印象操作しかできないと、最早国民に見破られている。
国民が怒り呆れているのは、モリカケのみに捉われて他の重要法案の審議拒否をし、いざ採決ということになると「審議が十分に尽くされていない。」と言って反対する態度である。
次の国会では、いよいよ憲法改正法案が上程される可能性が高まった。
どっちが良いのかは熟慮せねばならない。
これに対する立憲・国民・共産の野党党首は、審議を拒否すると公言している。法案に反対すること自体は、党の立場として理解はできるが、一体野党は何を考えているのか?
議員が法案の審議を拒否したら、議員である価値は皆無であろう。
「憲法を守れ」と言っているが、その憲法の手続きに従って提示される法案であるとしたら、憲法を守らないのはどっちなのか?言うまでもなく明白である。

憲法改正は重大事であるから、国民が納得できる議論を力の限り尽くして欲しい。その過程で支持率は変わる可能性は当然ありうる。目の覚めるような論戦を展開して欲しい。
しかる後には、何よりも国民の最終的権利である「国民投票」という段階がある。
その権利を最初から奪うようなことをするとしたら、憲法を守らないのはどっちなのだというのは言うまでもなかろう。
審議拒否などという愚行をするのは、国民の判断力を軽んじていることそのものであることに思いを致してほしい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.