FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

望むようにならないのは、自分がそれを選択している
幸せになりたい、こうなりたい、ああなりたいと思っているのに、なかなかそうなれない。
どうすればよいのか判らない、というのが現実のところなのではないでしょうか。
自分は自分が思っている通りのものになれる能力を潜在的に持っているのだと、いわれれば「そうなのかな」と思うが、いざその方向に踏み出そうとすると、何らかの形でそれを阻んでしまうことが意識するしないにかかわらず出てくる。
要するに現状を変えたくない、という動きに乗ってしまうのです。
確かに現状のままでも生きていくことはできるくらいには守られているからでしょう。
変えたくない、変わりたくないという何らかの力が働いてしまうのだということでありましょう。
何事をも可能にしてしまうという潜在意識の世界につながるには、思い方を変える必要がありそうです。
まずすべて良しと認め、自分を許し人を許すことから始まります。
なぜなら、潜在意識は自分と他人、過去と未来を区別することができないから、何らかの囚われがあると、そこから抜け出せないからです。
軽くなって、恐れから脱却し、どうなっても大丈夫と信ずることができなくてはならないということでありましょう。
本当に大丈夫なのです。
他人を自分の思うように変えることはできないが、自分を変えることはできる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.