FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

国際司法裁判所はイヤらしい
韓国の徴用工裁判結果について、日本側は国際司法裁判所(ICJ)に提訴する構えでいるという。
それに対して、日本の弁護士100人が、裁判しても日本が負けるかも知れないと言っているとして、韓国は喜んでいるらしい・・・
韓国は実のところよっぽど困っているらしい。韓国側の同意がなくても提訴はできるし、同意しないのであればその説明責任は果たさなくてはならない。それはまず無理なのではないのか?

日本にも変な弁護士はいるものだが、日本の弁護士人数は、およそ36000人余いるのだから、
数パーセントは居てもおかしくはないけれど、コンマパーセントではないか。
その国籍まで調べたら、もっと減るかもしれない。

しかも、負けるかも知れないから裁判をしない方が良いというのでは、理屈にもならない。
勝ち負けは裁判をやってみなければ判らないが、法の正義を守るためには、避けていてよいことではあるまい。
さかのぼって日韓基本合意まで否定するというのであれば、韓国側が負担し日本側に返還しなくてはならない金額は天文学的数字となろう。
それが国際条約というものである。
そもそも反日を国是としなければならないことが、情けない。
捏造教育で煽りすぎてしまった国民感情に阿って法を軽く見ていたら、現実はとんでもない結果に結びつく。
ホント、何も考えなかったのだろうか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.