FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

癌治療法の進歩が凄い
アメリカ国立ガン研究所(NCI)と米国国立衛生研究所(NIH)の主任研究員である小林久隆博士らの研究グループが、ネイチャーメディシン誌上にて、その開発を発表したことで、その治療方法が大きな期待を集めている。
この療法は、特殊な薬剤と「近赤外線」を使いがん細胞を破壊するもの。
近赤外線は、正常細胞に損傷を与えることなく生体組織内部に到達することが可能である。
ガン細胞に抗体薬剤を結合させ、近赤外線を照射することで、その細胞膜を破壊し、破壊後のすべての抗体が免疫系に露出することで生体内で超選択的(非特異的)ながん細胞の死滅だけにとどまらず、破壊されたがん細胞の残骸に含有されるがんの特異的抗原に免疫反応を惹起するため、照射した箇所以外のがん細胞や転移したがん細胞にさえ効果を及ぼす可能性がある。
手術・放射線・抗がん剤などと違い、患者の体への負担を与えることなしに、第4ステージのガン細胞まで一気になくしてしまうというから凄い。
日本でも治験が始まったらしい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.