FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

簡単に決着はつかなそう
米中貿易戦争(実際は、貿易収支の不均衡が主問題ではなさそう)と一口に言われているものに目を奪われているが、取り敢えず90日間の猶予付きで関税の追加増額は延期された。
とは言っても、中国が90日間でそれに対応することは無理そうである。
米国の主張は直截的すぎるようだし、中国は、口先では自由貿易だといいながら、国際的ルールを無視して自分勝手にやりすぎたのだと思えてならない。体制は変えられないだろうから難しかろう。

それとは別に、ヨーロッパも大変なことになっている。
フランスのガソリン税の増税に端を発したデモだとの報道がされているが、どう見たってデモではなく暴動である。
車両の焼き討ち、商店の破壊などは、デモの程度を越えている。
フランスは自由主義国家だと思っていたが、どうも社会主義的国家の色合いが濃い。
例えば、ルノーの株式を15パーセントも保有していると聞けば、それは国有企業ではないか。
国有企業であるから、民間の企業同士のアライアンスに口をはさみ、政治問題として扱おうとして、マクロン大統領は安倍総理に注文をつけたのではないのか。
かなり筋違いだとの感が否めない。
こんなことになるなら、日産とルノーの出資比率を改めないと、この先大きく国益を損なう。

社会主義の国に多いのは、口ではうまいことを言っても、その実は人権を軽んずる政策をとること。
経済が順調なうちはいいのだが、それに行き詰るとすぐに暴動に結びつく。
日本近隣の国にもその恐れは十分にありそうだから、用心しなくてはならない。
法が法として通用しない国からは撤退した方がよさそうである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.