FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

オール日本ビジネスモデルだと?
日本人が朝日新聞などを使って、慰安婦問題や徴用工訴訟などで韓国を使ってビジネスを考えたのだという事が段々に判ってきているという。
「オール日本ビジネスモデル?」と呼ばれるものらしい。その顔ぶれを聞くと何とも悍ましい。
https://www.youtube.com/watch?v=ubMLun6gEb4
こんなんで振り回されていたのかと思うと情けなくなる。

日本相手なら何とでもなるとしてそんなことばかりやっている間に、韓国内は正常な思考力を喪失した。
例えば、今問題になっている韓国の駆逐艦が自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射したことにも顕著に表れている。まかり間違えば戦争になった。
国を挙げて胡麻化そうとして言い訳をしているが、二転三転、言うたびに違う愚かな主張を聞いていると、あの国は軍事的にも外交的にも国の体をなしていないということを世界中に触れ回っているに等しい以外のなにものでもない。

日本の領海内で(韓国が言っている現場海域の説明がそうである)、国際法上の義務である国籍を示す艦船旗の掲揚もせず(無国籍艦扱いされても仕方ない)作戦行動をしていたのである。
自衛隊機が威嚇飛行をしたというが、そもそも哨戒機はそんな飛行形態をとらない。
悪天候であったというが、証拠写真は好天であったこともレーダーが日本機を向いていることがはっきり写ってしまっている。
哨戒機というのは電子機器の塊のようなものであるから、韓国が何を言ったところで収集された情報を覆すことなぞできまい。
韓国にはどこの国も哨戒機を売ってくれないから、それがどんな性能をもっているかも理解できずに強弁しているようだが、言い訳すればするほど、世界中から韓国軍の弱点を見透かされる結果を招くだけだということさえ判断できないということである。
ことほどさように、感情にはしるだけで来たから、経済も行き詰った。

北朝鮮の思惑も絡んでいるのだとは思うが、日韓の友好を阻害し、ここまで韓国の弱体化を図ってきたのは一体誰で、どんな組織だったのだろうと、真相を知りたくなる。
近隣国なのに、関係がどんどん悪化の一途を辿るのには、彼の国が感情に左右される国民性を持つのもさることながら、そこを突いて画策するような裏に隠れた根本原因がありそうである。

一般的に言って、日本のマスコミの多くは、中国・北朝鮮・韓国が嫌がるような政策を採ろうとすると躍起になって反対する報道を繰り返す。
世界平和と日本の国益上必要であっても、そこに焦点があたることは必死になって隠そうとしているようにさえ感じる。
どうしてそうなるのかと言えば、前にスパイ防止法はともかく産業スパイ防止法くらいは制定した方が良いと言った通り、マスコミの中枢にかなりの数の反日思想の持ち主が入り込んでいるからではないかと思えるからである。

記事の論調に注意深くあらねばならない時の読み方であるが、
1. 賛否両方の意見を載せるのではなく偏った意見が多くなる。
2. およそ起こりえないような些末な事象に対することを取り上げ、不安を煽る。
3. 国策上手の内を明かすわけにはいかないであろうことを知っていながら、その部分だけを執拗に追及する。
これらが記事や報道の大半を占めていたら、ネットその他から自分の判断材料となりそうなものを探してみる。
報道しない自由とやらで隠しているものでも割と簡単に浮かび上がってくる。
他人の意見に引きずられないですむ考え方は日ごろから鍛えておかないと、公開する羽目に陥ることは何年か前に経験したではないか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.