FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

足掻いてもどうにもなるまいに
NHKがP1哨戒機の離陸時の画像を、さも韓国艦船の上空近くを飛行していたかのように貼り付け、全体が防衛省提供のものと誤信させる放送を行ったのだという。
その写真を見ると、ご丁寧にも「撮影 海上自衛隊」と説明文字まで入れてあるが、韓国駆逐艦は自衛隊機が撮影したものであろうが、すぐ上空を飛行している哨戒機は合成して貼り付けたものであるとすぐにバレてしまっているのだというから、お粗末すぎる。
哨戒機が車輪を出している写真であることから合成が指摘されたというのだが、NHKが何故そんなことをしたのかとの疑惑付きであるから何とも情けない。
韓国側が主張する、日本側が威嚇飛行をおこなったという報道に同調したいという印象操作なのだろうか?
問題はそこではあるまい。
最重要なのは、自衛隊哨戒機に火器管制レーダーを長時間にわたり照射してロッキオンしたことではないのか?
韓国側がその非を認めて謝罪しないで言い繕おうとして繰り返すから、いろいろ彼らにとって不都合なことが次々に明らかになってきている。
そもそもの現場は、日本のEEZに近接している海域であり、そこは億連安保理事会決議により北朝鮮のセドリを各国が監視している場所である。
韓国駆逐艦は国籍を示す国旗或いは軍艦旗の掲揚もせず、天候も穏やかで視界良好な状況下で、北朝鮮の船と思しき不審船と指呼の位置まで接近できていた状況下で、呼びかけにも応じず何をしていたのかということではないのか?
正統性をうかがわせる弁明は一切できず、居直って日本側に謝罪を要求するなど、国や軍として常軌を逸しているとしか思えない。
どうしてこの国は、最悪な方向へ最悪な方向へと突き進んでしまうのだろう。
ここまでに至ってしまったら、日米を筆頭に、関連諸国からの信頼は回復できまいに。
まさか、戦争をしたいわけではあるまい。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.