FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

どこまで嘘を付き通す気やら
そろそろ鉄槌を下した方がよいのではなかろうか?
国際法は無視するは、解決済みのことを蒸し返して難癖はつけるはと、日本相手にはやりたい放題である。
近代法治国家とはとても言い難い国であろう。

自衛隊機に対しレーダー照射したことは、軍事行動そのものであるにも関わらず、謝罪するどころか日本が威嚇飛行をしたなどと、愚にもつかないことを臆面もなく言い放って恥とも思っていない。
人命救助中だったと言い張るが、一体北朝鮮の船がSOSを発信したというのが本当なら、現場海域は能登半島沖の日本のEEZのすぐそばであり、救難信号を発していたなら日本の艦船の方が早くその場に到着できたはず。
そんな信号を日本側が受けていたという報道は一切ない。

しかも韓国の駆逐艦は艦船旗を降ろして指呼の間にある北朝鮮船と接触していたことは、写真映像からも明らかである。一体なにをしていたのかという疑惑が色濃い。
嘘を付き通す相手の論点ずらしに日本側が付き合う必要なぞ微塵も感じない。
反論(反証ではない)動画を列蔵してばらまく神経というのが日本人には理解できない。
いままで日本側は大人の対応とやらで、韓国人が大声で騒ぎまくると譲歩してきたが、今回の問題は引き下がるわけにはいかない。
まかり間違えば戦争になる寸前の行為だったのである。
彼らが正気に立ち戻るには、いい加減なことをしていると手痛い反撃を受けるのだという事を身に染みて理解するしかないのだと思う。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.