FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

悪女といえば
日本の悪女の中で、意外と知られていないのが藤原薬子(ふじわらのくすこ)であろう。
平安時代初期の女官で、藤原式家の藤原種継の娘であった。
中納言藤原縄主の妻となり三男二女の母となった。幼少の長女が桓武天皇の皇太子安殿親王(平城天皇)の宮女となると、伴って宮仕えに上がり、東宮への宣旨(口宣を蔵人に伝える女官)となるが、やがて娘を差し置いて自身が安殿親王と深い関係となった。
桓武天皇はたいそう怒り、薬子を東宮から追放した。
桓武天皇が崩御して平城天皇が践祚(せんそ)すると、薬子は再び召し出され尚侍となった。夫の縄主が太宰帥として九州へ遠ざけられると、天皇の寵愛を一身に受けた薬子は政治に介入するようになった。
兄の藤原仲成とともに専横を極め、兄妹は人々から深く怨まれたが、大同4年(809年)には、亡き父の藤原種継に太政大臣を追贈させるほどであった。
同年、平城天皇は病気のため同母弟の皇太弟神野親王(嵯峨天皇)に譲位して平城京に移った。このために、平安京と平城京に朝廷が並立するようになり、薬子と仲成が平城上皇の復位を目的に平城京への遷都を図ったことから二朝の対立は決定的になった。
大同5年(810年)9月10日、嵯峨天皇は平安京にいた仲成を捕らえて、薬子の官位を剥奪して罪を問う詔を発した。
平城上皇は薬子と共に挙兵するため東へ向かったが、嵯峨天皇は先手をうって坂上田村麻呂を派遣して待ちかまえた。
勝機のないことを悟った平城上皇は、平城京に戻って剃髮し、薬子は毒を仰いで自殺した。仲成も殺された。
平安時代というけれど、平和で安らかな時代ではなかった。権謀が渦巻くと、ろくなことにならない。
そうは言っても、日本には国を傾けるほどの悪女は、隣国とは違っていないように思う。
男の悪人と言えば、昔は弓削道教ということに相場は決まっていた。これを知っていたらかなり古い人。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.