FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

引き時を判断できない国
韓国駆逐艦による自衛隊哨戒機に対する火器管制レーダー照射問題は、日本側が如何に条理を尽くして協議をしても、彼らは胡麻化して逃げることに専念していて解決には至らない。
挙句の果てには、今後は韓国軍も自衛隊に対して威嚇飛行をしてもいいか?なぞと言い放つ始末。
日本が憲法上の問題で軍事行動に制限があることを知っての上での暴言である。
そろそろこの問題は日本側が打ち切ってもよいのではなかろうか。
但し、きっちり釘を刺した上でという条件付きでという事になる。
1・日本側は韓国が言いがかりをつけているような威嚇飛行はしていなかったが、韓国側が日本に対して威嚇飛行をするというなら、韓国軍と違って事前に警告しその後撃墜する。
2.韓国軍が日本自衛隊の飛行機及び艦船に火器管制レーダーを照射することが今後あったら、その時は直ちに反撃し、撃沈或いは撃墜する。
これで宜しいですね、と言い切って会談を打ち切る。謝罪及び関係者の処分が確認できなければ、以後の協議には応じない。当然韓国側への制裁は、関連各国と協調して行うという意思表示を明確に示すしかない事態であろう。

韓国が国防白書とやらを発表したが、明らかにレッドチーム入りを図っているような内容である。
もはや韓国を信頼できる材料はあるまい。
もともと信頼関係なぞ築けない相手だったのである。

イラクに派遣された韓国軍兵士が、さもさも友好国のように笑顔で近づき、その実は「独島(日本名・竹島)は大韓民国領土です」とハングル文字で書いた紙を掲げて、陸上自衛隊員と一緒に撮影した写真が韓国のウェッブサイトに掲載されたことがあったのを知る日本人は少ない。
こういう下劣なことを平気でするのが韓国人だということは知っていた方が良い。
友軍として信頼し、共に戦うことなぞ根底からできない国なのである。

そもそも竹島は(独島などという島は存在しない)、韓国が何をどう捏造しようとも、日本固有の領土であることを覆すことはできない。だから感情的になって騒ぎ立てているだけである。
韓国は戦うことで領土を獲得した歴史は一つとしてない。いつも逃げ回ること専門であった。
日本が第二次世界大戦に敗れ武装解除していた隙をつき、竹島にいた日本漁民を殺傷して奪ったというのが事実である。根性が情けなさすぎる。
半島人である韓国人が、島の位置を明確にして領有権を主張できるような能力はなかった。
即ち自国領として認識できていた歴史的事実はない。
そこが海洋国である日本との大きな違いである。
何をやっても叶わなかった日本から唯一ドサクサ紛れに奪ったことに縋りついて、恥も外聞もなくなんとか自国領だと主張したいのだろうが、土台無理な話である。国際司法裁判所に出てくる勇気さえない。

これまで、韓国が日本にいろいろ難癖をつけてきても、韓国はまだ発展途上の気の毒な国だからというのが日本国民の大方の認識であり、だからこそ大概のことは譲歩してきた。
しかるに、経済的にも発展し国力がつけばつくほどに、日本に難癖をつける度合いが強まった。
甘やかし過ぎたのである。仏の顔も3度というが、3度どころの騒ぎではあるまい。
そろそろお灸をすえて躾けないと、どこまででも品性を落として、危うくなってしまう国なのだと思えてならない。庇ってやることが為にならない国だという事になる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.