FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

植民地とはどんなものか知らない人が多い
未だに日本人の中にさえも朝鮮を植民地支配したということを言う人が絶えないが、韓国を「植民地支配した」という言葉を使うことは止めた方が良い。
植民地支配というのがどのようなことを意味する言葉なのか、ちゃんと理解しないで使うのは許されることとは違う。

そもそも朝鮮には、いわゆる植民地のように簒奪できるような財物も産物も文化もなかった。
それどころか、ちょっと調べてみただけで、以下のような事実がずらっと並ぶ。投下した資本の方が多い。現代の価値に換算すると63兆円に当たるといわれるが、実際はそれ以上であろう。
これらのどこが植民地支配だというのか?白人諸国の植民地がどんなものだったかも知らないで、安易に植民地という言葉を使うべきではない。
韓国人が悔しさのあまり、戦後韓国国内で洗脳教育された妄想的プライドにより反日活動へ駆り立てられているのであり、正しい歴史認識ができないと正しい発展は不可能であろう。

朝鮮人の人口が、日韓併合により李氏朝鮮時代と比べて二倍に増えた。
平均寿命が24歳から30歳以上伸びた 。
人口の30%を占めていた奴隷が開放された (奴=男の奴隷、婢=女の奴隷。家畜以下の扱いであった。)
幼児売春、幼児売買が禁止された。
家父長制が制限されて家畜扱いだった朝鮮女性に名前が付けられるようになった。
度量衡が統一された。
8つあった言語が統一され標準朝鮮語が作られた。(日帝支配まで朝鮮には統一された言葉もなかった)
諺文(おんもん=卑しい言葉)として埋もれていたハングル文字を復活させた。
朝鮮語教育のための教科書・教材が日本から大量に作成されて持ち込まれた。
5,200校以上の小学校を作った 。
師範学校や高等学校が1000以上作られた 。
239万人を就学させ識字率を4%から61%に向上させた。(文盲率96%)
大学、病院を作った。(李氏朝鮮時代には病院が無かった)
カルト呪術医療を禁止した 。
上下水道を整備し、泥水をすすり、下水垂れ流す生活が改善された。
(李氏朝鮮では上水道も下水道も無かった)
日本人は徴兵されて戦地で戦ったのに、兵役を免除され内地の勤労動員で許された。
(これが強制連行の実態、戦地で戦うかわりに労働で済ませた)
志願兵の朝鮮人が戦死した場合は、日本人と等しく扱い英霊として祭った 。
鉄道を3,800Kmも整備した。(李氏朝鮮では鉄道はなかったし、道路整備されていなかった)
港をつくり、ダムをつくり、電気をひいた。(李氏朝鮮に電気はなかった)
会社が作られるようになり、物々交換から貨幣経済に進化した。(物々交換経済)
二階建て以上の家屋が作られるようになった。(首都ソウルでも弥生人の家と変わらなかったことは、残っている写真が明瞭に示している)
入浴するように指導された。(李氏朝鮮時代朝鮮人は風呂にはいる習慣がなかった)
ハゲ山に6億本以上の植林をした。 (乱獲、乱伐採により、禿山しかなかった)
溜池をたくさんつくり、米の生産量を増大させた。(今ある溜池の半分以上は当時日本が作ったものである)
河川と橋が整備された。(李氏朝鮮には堤防も橋もなかった、そもそも道がなかった)
耕作地を二倍に増やした 。
近代的農業を教育し、一反あたりの収穫量が3倍に増やした。(技術教育)
糞を食ったり、乳出しチョゴリと呼ばれる乳をだした衣服を着て生活するのが恥ずかしくなった。(土人同様の生活から目覚めた)
そのほか、近代文明人としての発展の基礎を提供した。
これらのどこが植民地支配だというのか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.