FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

児童相談所の不手際を責め立てても変わらない
千葉県野田市で虐待された10歳の女児が死亡した事件で、女児を一時保護していた柏児童相談所の対応に批判の声が集まっている。児童相談所の実態はなかなか伝わってこないが、我々の想像を絶する忙しさなのだろうか?
事件の経緯と児童相談所の対応について詳細が分かっているわけではないので、軽々にものは言えないが、この寒空に冷水シャワーを浴びせられての死は、あまりに可哀そうすぎる。
親権を嵩に着て脅されたら、相談所としては対抗できなかったということなのかも知れないが、
もうひと踏ん張りしていてくれたらと思わずにはいられない。
児童の人権を保護するためには、格別の超法規的な強権を関連施設に与えても良いのではなかろうか。
そうすることで、親子ともに不幸な結末を迎えることを防げるのではなからうか。
事件が起こると正義漢が現れ、各々が至らざるを責め立てるが、彼らが救えるわけではない。
人は、誰もが歯止めの効かない恐ろしさを内在させていることを無視することはできまい。
人権がからむと、その手続きその他が難しいから、人権団体が騒ぐかも知れないが、いたいけない子供の命に直結していることを思えば、早急に法体制を整えて然るべきだと思えてならない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.