FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

もうすぐ春です

寒さを乗り越えて、スノウドロップの花が咲き始めました。

春の訪れを感じさせられて、とても嬉しい。

冬の季節が厳しい所の春祭りは、楽しく賑やかです。

この花を初めて見たのは、息子が長らく住んだプラハの公演の森の春でした。

 

(上の写真は、鉢植えに今年咲き始めたもので、下はプラハの森のものです。)

snowdrop2302  

snowdrop10s

水仙や曼珠沙華と同じヒガンバナ科の植物です。
スノウドロップは、球根植物の中でも特に手の掛からない部類に入り、植え付けてしまえば後の作業はほとんどありません。

気を付けることといえば、休眠期(葉が枯れてしまってから)に球根を乾燥させないことです。

葉は球根に栄養を蓄えるために大切なので、自然に枯れてくるまでそのままにしておきます。


秋に球根を植えつけて芽が出るまでは半日陰の涼しい場所で育てます。

芽が出てから早春に花が咲くまではできるだけ日によく当てて育てます。

寒さには強いので、屋外の日当たりの良い場所が適し、逆に暑さは少し苦手なので葉が枯れて休眠にはいるまでは直射日光を避け、夏はできるだけ涼しい場所に置きます。

 

土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えますが、過湿にすると球根が腐ることがあるので、常に用土が湿っているようなことにはしないように気をつけます。

 

休眠に入ったら水やりの回数は減らして乾かし気味にしますが、からからに乾かさない程度に水やりをします。

 

肥料はさほどたくさん必要としません。球根を植え付ける際に土にゆっくり効くタイプの肥料を土に混ぜ込んでおきます。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

幸せになりたいと言いながら、自分がなにもしないのでは、今の状況が変わるわけがありません。

やると良いと頭ではわかっても、やらない理由を見つける名人でいては、何も変わらないのですから・・・

 

でも、なにをやればいいのかが分からないから、何もしないでいるのが普通です。

 

できることは有ります。やってみると、今まで見えなかったものが見えてくるものです。

 

なぜ、自分で墓石クリーニングをするのか

http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.htm

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私の書いた 小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進む。

http://aa3take.web.fc2.com/syortstory1.html 

 

気づけばわかる潜在意識へのヒント

旅行・登山・お出かけから得た幸せ日記

http://a2take70.blogspot.jp/

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.