FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

歴史を繰り返しているように見えて
中国4千年の歴史というが、中国の王朝は度々変わっており、いずれも易姓革命であったから、
王朝が変わるたびに前王朝は否定された。
隣の根拠もなしに5000年の歴史を主張する国と違い、資料も遺物もしっかり残っているが、このように同じ歴史を繰り返す国土というのも珍しいと思える。
領土を広げ、近隣他民族を巻き込んでの支配に無理がありすぎるのかも知れない。

ざっと辿るだけでも、
夏・商・周・ 秦・漢・(三国時代)・ 3 晋・(十六国・南北朝時代)・ 隋・唐・(五代十国時代)・ 宋・遼・夏・金・ 元・ 明・ 後金・清・ 中華民国・ 中華人民共和国.となる。

いずれの国も最初の内は栄えたが、圧政に苦しむ農民の暴動により滅びた。
その殆どに宗教が絡んでいるという。苦しみを逃れるために宗教に縋ったのだろうけれど、それだけでは救いにならなかった。
秦・・・陳勝呉広の乱  新・・・赤眉の乱  後漢・・・黄巾の乱
唐・・・王仙芝の乱・黄巣の乱  宋・・・方臘の乱  元・・・紅巾の乱
明・・・李自成の乱  清・・・白蓮教徒の乱・太平天国の乱・義和団事件
現在の中国は、米中貿易戦争だけが大きく取り上げられているが、国内に目を向けてみると、
多民族への人権弾圧が酷いのだといわれているし、何よりも発展を遂げてくる間に生じた貧富の差が異常になってしまった。報道されないだけのことで、民衆の不満は鬱積しており、実は多くの暴動が各地で巻き起こっているのだという。
一党独裁の強権で抑え込むことができれば良いが、それが内乱や内戦にまでなったら大変なことになる。世界を見渡してみると、独裁国家はそれに苦慮している。
隣国でもあり、穏やかであってほしいと願うが、我々も、国際情勢という事に疎かであってはなるまい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。

小説も童話も、カクヨム 百神井応身(シャクジイオウシン)で検索してみて下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.