FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

そんな訴訟を提起するとは
こんなバカげた訴訟を次々に考えるのは、韓国くらいのものであろう。

ニュースによると、仁川市(インチョンシ)議会が15日、仁川上陸作戦で被害を受けた「月尾島(ウォルミド)原住民」または相続人に生活安定支援金を支給する内容の「過去事被害住民生活安全支援条例案」を通過させたことが政界の論争イシューに浮上した。仁川市議会は1950年9月15日に起きた仁川上陸作戦時当時、国連軍の爆撃によって月尾島住民が死亡もしくは離郷を余儀なくされたために、彼らに対して補償が必要だという立場だ。 ということで大威張りらしい。
仁川地域の一部市民団体は仁川上陸作戦当時、国連軍が無理な作戦を実行したせいで被害が大きかったとし、被害の補償を主張してきた。2006年に当時、与党「開かれたウリ党」韓光元(ハン・グァンウォン)議員らが「月尾島事件の真相究明および被害住民補償に関する特別法」を発議しながら被害補償について本格的な議論が行われるようになった。だが、特別な進展を見られないため「月尾島原住民帰郷対策委員会」は2011年2月、仁川地方法院に「国防部と仁川市、米国政府、国連は月尾島原住民1世帯当たり300万ウォン(約29万円)ずつ合計1億3500万ウォンを賠償せよ」と求める損害賠償請求訴訟を起こし、敗訴した。政府は「原住民だと主張する人々が実際に月尾島に住んだという土地台帳など根拠がない」と主張し、月尾島原住民側は「仁川上陸作戦で資料が消失した」と対抗した。
仁川市議会が被害補償条例制定を試みたのは今回が3度目だ。安炳培(アン・ビョンベ)議員(共に民主党)が発議して2011年と2014年の2回にわたって条例指定を試みたが上位法と衝突するという理由で否決された。
だが、今年に入り法制処が「月尾島被害者のうち仁川居住者に対する生活安全支援は地方自治体業務」とする担当責任解釈を下すと、これを根拠に条例を制定した。現在、仁川市議会は議員37人のうち民主党議員が34人で、この条例を通過させた企画行政委員会は7人全員が民主党だ。しかし、このような条例指定に対して「過度な被害補償適用」という批判もある。匿名を求めたある歴史専門家は「第2次世界大戦の時も軍事作戦でベルギーなどが廃虚になったが、このために被害補償をしたことがない」とし「韓国戦争(朝鮮戦争)で全国民が被害を受けたが、仁川上陸作戦に対してだけ唯一被害を補償しろというのは無理な主張」と指摘した。
野党「自由韓国党」の全希卿(チョン・ヒギョン)報道官は「仁川上陸作戦による被害を補償するべきだと主張するのであれば、これに先立って韓国戦争で韓国に莫大な被害をもたらした北朝鮮政権に対して被害補償を請求してこそ正しい」とし「戦犯である北朝鮮には何も言えないくせにわれわれをサポートしてくれた国連軍に被害を補償しろと、市民団体側の声に歩調を合わせるのが文在寅(ムン・ジェイン)政府がいう正しい社会なのか」と批判した。
多少はまともに考えられる人もいるらしい。
が、無理でも何でも、とにかく何にでも理屈をこじつけ、しつっこく何度でも訴訟を起こす。そんなことに努力するより、自分で立ち上がろうとした方がよっぽどまともだという考え方にはならないのが、不思議な精神構造だと思えてならない。
訴訟相手が韓国政府だというならどうぞご勝手に、ということになるが、助けてくれた国連軍や米国に対してそれをするということに、何の疑問も持たないのだろうか?
北朝鮮に占領されていたら、そんなことは頭からできないことだとは思わないあたりが、韓国の民族性の面目躍如ということか?
そんなことだから、慰安婦訴訟や徴用工訴訟などは朝飯前にやってのける。

こんなくらいで驚いてはいけません。
口を開けば、「日本は韓国に侵略しようと思っている」と言って憚らない。
どこをどうとらえれば、日本が再軍備して韓国に侵略しようと思っていると言えるのか?
頼まれたって韓国を統治しようなんて、日本人は決して思わない。もう懲り懲りなのだ。
同じく、中国だって韓国を手に入れようなどとは思っていないだろう。そんなことをしたら面倒なだけである。
それなのに、韓国人は日本のことを主敵だと信じているらしく見えるから、その愚かさには呆れかえるしかない。日本が自衛のために兵器を整えると、「戦犯国の日本が~」と火病を起こす。大体が「戦犯国」って造語は韓国発ではないのか?
自ら戦って独立を果たしたのでもないのに、捏造教育を刷り込まれて、日本と戦ったのだと信じているあたりが、哀れといえば哀れである。韓国がどこかの国と戦って勝った試しが一度でもあるというのか?
韓国以外の東南アジア諸国で独立を果たした国々は、自らが戦って、それを勝ち得ている。
日本と米国の援助があって経済的に少しばかり成功したからといって、それら東南アジア諸国を下に見ているような言動を恥ずかしげもなくするが、誇り高いそれらの国々の爪の垢でも煎じて飲んだ方がよかろう。
恩になった日米を軽んじるようなことをし過ぎて、世界から呆れられ、相手にされなくなってきていることすら気づこうとしない。
何百年もの属国生活で捻じ曲がってしまった精神構造は、修復不可能か?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。

小説は、こちらでお読みください。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。

小説も童話も、カクヨム 百神井応身(シャクジイオウシン)で検索してみて下さい。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.