FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

50音には一字一字に意味があるのだと言う
どう考えてみても、日本にはヤマトコトバと呼ばれている日本語というのが元々あったのだと思う。それを表す古代文字も存在していたと考えた方がよさそうなペトログリフ等の発見が多々なされているし、古代文字と呼ばれたり神代文字と呼ばれる文字もある。
何らかの都合があって、それらの文字に替える漢字を取り入れる選択をしたのではなかろうか?

凄いと思うのは、もともとあったヤマトコトバと、漢字の表音・表意を対応させて有効に使えるようにしてしまったことである。
音読み訓読みを工夫したこともそうであるが、融合のための凄まじい努力があったのだと思える。
それを教えられたことはないが、日本語における平仮名で表される音には、その一音一音に意味があったのだという。
例えば「あ」は自分のこと、漢字にすれば「吾」相手のことは「な」で表していたようである。
平仮名だけでは区別がつけにくいものがあったことは容易に推測できる。
2音繫がった音、例えば「はし」などは、それだけでは橋なのか端なのか箸なのか判らない。
「はな」も、花なのか鼻なのか端なのか区別がつけにくいが、漢字はそれらをクリヤーした。

日本語は、漢字の音・訓、ひらがな、カタカナが混在するから、習得が難しい言語だとされるが、
文字を手書きするスピードを考えなくてはならなかった時代であればともかく、PCで対応できるようになった現代は、利点が多いのではなかろうか。
速読をやった人は理解できると思うが、一目見て一頁に書かれているくらいの内容は、即座に理解できてしまう。そんな言語は他にはあるまい。
膨大な量の情報を短時間で処理するに適した言語なのではないかと思う。

ひらがなには意味がある 林英臣・・・という youtube を見て感じました。
https://www.youtube.com/watch?v=0GRTQZvNwZc

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。

小説は、こちらでお読みください。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。

小説も童話も、カクヨム 百神井応身(シャクジイオウシン)で検索してみて下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.