FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

美意識の根底にあるもののあわれ
桜吹雪。花が散る風情を美しいと感じるのは、日本人特有のものなのだろうか?

日本には地震や台風により大災害が起こることが多い。
そんな時に暴動も略奪も起こさず、互いに助け合って冷静に対処している姿を見て、外国人は驚嘆するのだという。
支援物資が配られるとなれば、争って奪い合いなどせず、整然と並び順番に礼を言って受け取る。至って普通のことだと思っていたら、諸外国では違うのだという。
宗教国でもないのに何故それができるのかが不思議なのだという。

日本の神道には経典というものはないし、仏教というのも道徳律というわけではないが、人たるの道は自然に発揮される。
意識しているかどうかは別にして、身内に培われている美意識に従って自らを律しているのではないかと思えてならない。
では、美とは何かという事になるのであるが、今を盛りとしているものでもやがて滅びるのだと思うところから発しているように思える。
「もののあわれ」がそこに伴っているものに、日本人は美を感じた。
後に武士が出てくると、さらに潔さというものが加わった。
生ある者同士が命のやり取りをするのであるから、勝っても負けてもそれが認められるルールというのができていったであろうし、それを認めるのが潔さとなった。
天に恥じず戦ったことを敵味方双方が認めるとき、それを「あっぱれ」と言った。
命というものを大切にするなら、動物も植物もない。自然全体が対象となって、その後ろにあるものを感じ取ろうとしたのである。
「もののあわれ」と「あっぱれ」が含まれていてこそ、美を感じたのだと思う。
武士道にしろ、芸道にしろ、商道にしろ、美を求めて成り立ったのが道。そして、お天道様が見ているというのが共通認識となっていれば、それはルールを越えた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。

小説は、こちらでお読みください。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

小説も童話も、カクヨム 百神井応身(シャクジイオウシン)で検索してみて下さい。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.