FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

日本も5Gを構築すべき
国の根幹となるものには、ざっと挙げてみるだけでも譲れないものがいくつかある。
領土領海領空は勿論であるが、食料・エネルギー・通貨・特許技術・国防機密・通信などがまずあげられよう。
電波も割り当てられて使われているものであり、何らかの影響を受けて通信が途絶したら、国の存続にかかわる問題が起こることは容易に想像できる。
ファーエイがこのところ問題視されているが、日本の安全保障を考えたら、無視し続けて良いとは到底思えない。
スパイ防止に法的にも万全を期している米国に於いてさえ、その対策に躍起になるのは、危機感が差し迫っているからではないのか?単純に経済問題としてだけのことではあるまい。
ましてや、日本にはスパイ防止法すらないのである。
寝食を犠牲にして営々と積み上げて来た技術がいとも簡単に抜き取られてしまうのでは、堪ったものではない。
科学技術にしても工業技術にしても、膨大なものが流出してしまっているやに聞く。
シャープ電気にしても、根拠なく3000億円も安く買いたたかれたのだというが、それがニュースにはならなかった。
鴻海精密工業(ほんはいせいみつこうぎょう)は台湾の企業ということになっているが、実際にはハーウェイの影響が色濃い会社なのだという。
いずれにしても、国の安全保障を考えないで物事を進めて行って良いはずはない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。

小説は、こちらでお読みください。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

小説も童話も、カクヨム 百神井応身(シャクジイオウシン)で検索してみて下さい。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.