FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

良いモノだけが定着した
日本は諸外国から多くを学んだのは間違いない。
古くは中国からの文化を得たが、遣隋使・遣唐使・留学僧など、こちらから学びに行った。
韓国人が自慢気に日本に教えてやったというが、中国の物が半島経由で来たことがあったとしても、韓国から学んだものなど殆どあるまい。
半島経由のものが正しい状態であったとも思えない。

日本は、中国に限らず南方方面或いは西洋からのものも入ってきたが、取り敢えずは受け入れても取捨選択はしたし、取り入れたものであってもより優れたものに発展させた。
小中華を自称する朝鮮と違い、中国発祥の科挙の制度や宦官などの身分の者は受け付けなかった。
こんなものに捉われていた国は、制度が硬直化して発展できなかった。
キリスト教ですら、日本に合うようなものに替えてしまったのである。
いずれにしろ、我が国は工夫を加えることで独自のものに発展させた。
急速に押し寄せる西洋の文化に対応して近代化を図ることができた下地は、そんなところに培われていた。
だから極東の小さな島国でありながら植民地化を免れたのである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。

小説は、こちらでお読みください。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

小説も童話も、カクヨム 百神井応身(シャクジイオウシン)で検索してみて下さい。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.