FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

捏造できない歴史
朝鮮の王というのは、いわゆる独立国の王というわけではなく、中国の県知事くらいの意味合いでしかなかった。
権知高麗国事(ごんちこうらいこくじ)というのが、宗主国である明が李氏朝鮮初代の国王に授けた称号である。高麗王代理、あるいは高麗国知事代理を意味する。
「権」というのは、別の言い方をすれば「仮の」ということである。
独立国の王として認めたわけではない。
李氏朝鮮の初代国王李成桂は反乱により、明が冊封した高麗王を廃位して高麗王位を簒奪した後、新たに王としての地位を認めさせようとしたが、国名すら勝手に名乗ることはできなかった。
2000年の長きにわたって、中国の属国以下の扱いであったから、主権だとか公共意識だとか国家としての意識が国民に育つことはなかった。
国を持てなかったということは哀しいことである。
属国であることの悲しさ、李成桂政権は「朝鮮」(朝の静けさの国)と「和寧」(平和の国)の二つの候補を準備して洪武帝に国名を選んでもらうしかなかった。
だが明では、明が冊封した高麗王を身勝手にも廃位して別の王を即位させたり、最後には勝手に自らが王に即位した李成桂を快く思わなかったらしく、李成桂を最後まで朝鮮王としては冊封しなかった。
明から朝鮮国王として正式に冊封されたのは、第3代国王である太宗になってからであった。
国王であればその称号は陛下ということになるが、独立国ではないからそれは許されず、朝鮮ドラマを見た人はご存知だと思うがチョナー(殿下)と呼ぶのが限度であった。
宮廷でマンセイ(万歳)を叫ぶ場面もドラマでよく目にするが、万歳すら許されておらず、そんなことをすれば中国から厳しく叱られた。「千歳」としか言えなかったのだという。
朝鮮王は、中国からの使臣より下の身分で会った。
独立国たらんとする気概を見せなかったのだから仕方がない。行政の一地方でしかなかったというのが、曲げようもない真の歴史ということになる。
歴史を学ばなくてはならないのは、自分たちである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。

小説は、こちらでお読みください。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

小説も童話も、カクヨム 百神井応身(シャクジイオウシン)で検索してみて下さい。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.