FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

まだ優遇措置を外しただけ
当然の流れだと思うが、案の定韓国では大騒ぎしているようである。
こんな位の段階では、まだまだ経済制裁とも言えまい。

経済産業省は1日午前、軍事転用が容易とされる「リスト規制品」の韓国への輸出管理体制を見直し、テレビやスマートフォンの有機ELディスプレー部分に使われるフッ化ポリイミド、半導体の製造過程で不可欠なレジストとエッチングガス(高純度フッ化水素)の計3品目について、4日から個別の出荷ごとに国の許可申請を求める方針を正式発表した。
韓国に対してはこれまで、安全保障上の友好国への優遇措置として手続きを免除していた。いわゆる徴用工問題で事態の進展が見通せないことから、事実上の対抗措置に踏み切った。
 同省の担当者は、この時期に運用を見直す理由について「貿易管理について韓国と一定期間対話がなされていない」と指摘。「政府全体で韓国に対ししっかりとした回答を求めてきたが、20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)までに何ら回答がなかったことも一つの要因だ」と述べた。材料を生産する日本企業への影響に関しては「注視していく」と説明した。
 リスト規制品以外の先端材料の輸出についても、輸出許可の申請が免除されている外為法の優遇制度「ホワイト国」から韓国を除外することも発表した。ホワイト国からの除外は韓国が初めて。1日から24日までパブリックコメントを実施した上で最終判断する。除外後は個別の出荷ごとに国の輸出許可の取得を義務づける。
輸出しないと言っているわけではない。手続きを優遇していたけれど、今後は他国と同様手順を踏んでください、というに過ぎない。
軍事転用できる戦略物資であるから、レーダー照射など敵国まがいのことをして謝罪もしない国に対しては、友好国扱いできないということであり、日本としては当然の対応であろう。
日本というのは面白い国である。ことここに至っても韓国側の立場に立って、何としても彼らを擁護しようとする意見を臆面もなく述べる日本人?がかなり居ることである。韓国のやることは何でも容認しろとでもいうのだろうか?日本側は全て我慢しろとでもいうのだろうか?
それに対して韓国は、官民挙げて日本を責め立てるために一致している。正当な理屈なぞ考えていないで、見当違いな悪口を並べ立てるだけであるのは毎度のことである。
経済的にも技術的にも資本的にも、親のように援助してきたことへの恩義を感じることもなく、日本に殴り掛かってきたのは韓国側である。
日本の世話になることはもう無いというのなら、独り立ちしてやってみなさいと、こちらは言っている段階にまだすぎまい。
反省も謝罪もなく、日本に対しては何をやってもいいんだという態度を改めないでいるならば、次は本当に制裁手段に移らざるをえなくなる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。

小説は、こちらでお読みください。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

小説も童話も、カクヨム 百神井応身(シャクジイオウシン)で検索してみて下さい。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.