FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

信頼関係の回復は難しい
韓国をホワイト国から除外したことを愚策だとして、毎日新聞が何故か必死だとも思える記事を載せた。
記事の内容は、素人だってそんなくらいは考えるだろうと思える程度ではないのか?
政府がそれを検討しなかったとでも思っているのだとしたら、取材力を疑う。
実質的に制裁に結びつく可能性は強いが、現段階ではホワイト国から除外したということだけが表向になっているに過ぎない。
核兵器をつくることに転用できる戦略物質を輸出するのに優遇措置をとっていたのが、不都合な事案が生じてしまったのだと見た方が正しい見方なのではないのだろうか?

ホワイト国として処遇するには、信頼関係が構築されていることは勿論、定期的に二国間協議がなされ、エンドユーザーまで明確にしなければならないのだと言われているが、その二国間協議が2年以上拒まれているらしい。
その間に起こったことといえばレーダー照射問題であり、韓国と北朝鮮間にセドリなど国連安保協定違反を疑わせる事例である。
日本が韓国をホワイト国としたままでいることは、この先日本が世界から責められる可能性があるから、緊急に対処したのだとみる方が的を射ているように思うが、穿ち過ぎな素人考えだろうか?
米国はパスしているし、中国も知らん顔、頼みに思っていた北朝鮮からは無視されていることを合わせて判断した時、日本は手順を尽くしての対応であり、韓国が孤立しているのだとしか思えない。即ち、韓国以外、今回の日本の措置を非難する国はないということになる。

それにひきかえ韓国というのはノーテンキに見える。
対抗手段として日本製品の不買運動をしようと例によって騒いでいる。
商品を買わないのは消費者の勝手であるが、それを言うなら、売らないということも売り手の勝手である。売らないということに直結しかねないことをやろうとでもいうのか?
日本への旅行も禁止しようと叫んでいるらしいが、来る人がいなくなるのなら、ビザを復活させても一向に構わないということに繋がる。これは日本が考えている制裁手段の一つであるが、韓国側が嫌がっていることなのではないのか?。
こちらとしては渡りに船ということになる。
もっとまともな対抗手段が考えられないのか?まあ、有効な手段は思い浮かばない。
韓国側がそれをすることは絶対にあるまいが、白旗を掲げるよりないのではないのか。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。

小説は、こちらでお読みください。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

小説も童話も、カクヨム 百神井応身(シャクジイオウシン)で検索してみて下さい。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.