FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

日本が撤回するとでも思っているとしたら
韓国発のニュースをみていると、論理矛盾を繰り返しても自らでは全く気づけない面白い国だと思えてならない。
日本が韓国をホワイト国の対象から除外したことを世界中が憂慮していると、大統領が発言していたが、憂慮している世界中の国って一体どこのことなのだろう?
そんなことを口にしている国というのは一向に耳にしない。どちらかと言えばチャンスとみて喜んでいるすらある。
韓国のいう通りのことを言っているのは、日本の野党と一部のマスコミくらいのものではないのか?
しかしそれだってかなり腰が引けていて、踏み込んで反対するほどの迫力はない。
無理して突っ込めば、火の粉は自身に及びかねないのである。

選挙戦を考慮してなのではないかと得意げに分析していると言うに及んでは、笑うしかない。
選挙戦が有利になるということは、即ち日本国の世論の支持がそういう方向にあると解かっているということを表明したに等しい。
3品目がリストされることは事前に予想していたと負け惜しみみたいに言っていることも、判っていて何も手を打たなかったということを露呈してしまったのではないのか?

韓国側がいかに困るかということを国民に解らせて、感情的に動くことが如何に国益を損なうかを説明する前に、日本側のマイナスがどうだのこうだのとあげつらって自国民の目先を逸らすことに必死だが、日本のことに関しては余計なお世話である。自分の頭の上の蠅を追うことをまず考えてからにしたらどうだ。

最も愚かだと思えるのは、ホワイト国から除外されたことをWTOに持ち込もうとしていること。
日本が安全保障上の問題だとしているのであるから覆しようはないことは勿論、それよりも前に、エンドユーザーまで明らかにして使用量を伝えてこなかった不適切な事実が世界に晒されることになるが、それを覚悟できているとでもいうのか?

日本側がこれまで二国間協議を申し入れしても無視していたのに、今回は韓国側が急いで要求してきたが、何の案件を協議するというのか?まさかホワイト国除外の件だけで済むと思っているわけではあるまい。
財閥潰しを画策しているとしか思えなかった文大統領が、それら韓国大手企業を集めて意見を聞くらしいが、ドロ縄ではないのか。

今まで韓国が緩やかに扱われてきたのは、共産主義国と自由主義国の間にある戦略的な緩衝地帯であるという価値からだけである。
以前は反共自由主義を唱えていたが、国体というものをどこに置くかということすら考えずにフラフラしてきた結果、それが明確である北朝鮮の下に付こうとしているのだと主要国から判断されてしまったのではないのか。

考えてみれば、昔から頼りにできる国ではなかった。日本の国力を傾けるほど資力・労力を注ぎ込んだが全ては仇としかならなかったし、米国も若い兵たち4万人の血を流したけれど、今は反米運動に晒されている。
その行きつく先は在韓米軍の撤退であり、その走りは米・日・豪・インドによる太平洋・インド洋への備えである。
できもしない米朝の仲介役などに夢中になっている間に、世界の情勢を見誤ったのだとしか思えない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。

小説は、こちらでお読みください。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

小説も童話も、カクヨム 百神井応身(シャクジイオウシン)で検索してみて下さい。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.