FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

孔明が作った饅頭
中国由来の漢字には、首にからむものが多い。
道を歩くには、悪霊除けのために生首を提げて歩いたとか、首の下に寸を加えて導くとしたとか言われる。

子供の頃に、血沸き肉躍る思いで読んだものに三国志というのがあった。
蜀の軍師であった諸葛孔明は、そういう迷妄を払ったのだという説がある。
饅頭(まんとう)を作ったというのは、落語の饅頭恐いとは違って感動ものであった。

孔明が南方征伐に出陣し、反乱を起こした蛮族の王、孟獲を帰服させた帰途のことである。
孔明に心服した孟獲は、国境にあたる瀘水(ろすい:中国の地名)まで孔明を見送った。
孔明軍の先鋒が瀘水に差しかかると、にわかに黒雲濃霧が立ちこめ、川の水面から起こった狂風が砂礫を巻き上げ、兵士たちに吹き付けた。到底川を渡れたものではなく、孔明は孟獲を召して理由を尋ねた。
孟獲が言うに、これは、この川に住む猖神(荒れ狂う神)の仕業であり、鎮めるためには祭礼が必要である。そのためには、49個の人の生首および黒牛・白羊を生贄として捧げるのだと言う。
南方平定に際して、多くの敵を殺し、味方を失った孔明は、これ以上の犠牲を嫌った。
そこで小麦を練って皮を作り、牛と羊の肉餡をこれでくるみ、人頭に見立てたものを生贄と見立てて祭礼を行ったところ、川の狂乱はやみ、孔明軍は無事に帰還できた。
これが朝鮮軍だったらどうしただろう?
躊躇いもなく怪しげな呪術師を呼び、生首を揃えたであろうと、韓国ドラマを見ていると想像できてしまう。
もっとも、彼らが戦いに出て勝って凱旋することはなかったから、そんな話は残っていない。

日本の団子にもいろんな説がある。これもそもそもはお供え物であった。
団子を小豆の餡でくるむのは、小豆の赤は血を模したものなのだという。赤には霊力があるのだと信じられていた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。

小説は、こちらでお読みください。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

小説も童話も、カクヨム 百神井応身(シャクジイオウシン)で検索してみて下さい。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.