FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

戦後の発展が遅れてしまった後遺症
清国は領土的にも歴史的にも大国であった。
それでありながら近代化が遅れ、西欧列強の侵略を受けて、アヘン戦争などのような理不尽な戦争にも大敗を喫してしまったから、白人に敵わないと思ってしまったのはやむを得ないのかも知れない。
植民地主義に対抗して唯一戦った有色人種は日本のみであったから、戦後にアジア諸国や中近東諸国やアフリカ諸国から、日本は一定の評価を得るに至っている。

中国は残念ながら白人側について戦ってしまったので、そういう意味ではアジアでの信頼を失ってしまったが、今更どうにもならない。例によって力と言葉で近隣諸国をいいくるめるよりない。
白人植民地支配国が清国と組んだのは、戦争が終了した後の中国での権益を狙ったのであろうが、英国を除いてはそれに失敗した。
気が付いたら組んでもいなかった共産中国軍が中国大陸に居座るという望みもしなかった結果を招いた。
権益を得るどころか共産主義国を増やしただけである。
それでなくても白髪三千丈のように大仰な表現をする国民性がイデオロギーがらみの表現をしたら取り付く島がない。

有色人種諸国は白人国と勇敢に戦ったけれど、大戦前は大抵の場合壊滅的な打撃を被って負けてしまい目的を果たせないでいたが、日本の誇りをかけた命がけの戦いぶりは、彼らの独立に対して勇気を与えたことは間違いない。
その結果、第二次世界大戦後に白人諸国による再植民地化ということにはならなかった。

日本と戦ったこともないのに、戦勝国気取りで日本を戦犯国よばわりしている国があるが、バレバレの嘘に基づいての言動は、世界からの信頼は得られていないのではなかろうか。
戦前戦後を通じて陰に日向に援助して来た日本のお陰で近代化できたのに、その大恩を忘れ、
捏造歴史をカードにして日本を敵視してやりたい放題を重ねて来た。
我慢が限度を越え、そんなに言うのなら自力でやってみろ、ということになったら焦りまくっているのが現状である。
日本が手を引いたら、韓国経済はもたないというのが現実である。
一方、中国も米中貿易戦争が起こり、手のひらを返したように親日的な態度をみせるようになった。
しかしその陰では、尖閣諸島への侵犯を繰り返しているのであるから、甘い顔ばかりしているわけにはいかない。
日本側がいかに友好的であろうとしても、近隣諸国は油断がならないのである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。

小説は、こちらでお読みください。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

小説も童話も、カクヨム 百神井応身(シャクジイオウシン)で検索してみて下さい。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.