FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

不買運動を徹底できるのか?
半導体生産のための素材にのみ反応して騒いでいるが、そもそも韓国の製造業の基になっているのは、殆どが日本から教わり、或いは援助や協力があってのことだとの認識は全く欠落してしまっているのではないのか?
鉄鋼生産・造船・自動車製造・家電・PC関連製品、それら近代産業は現実として日本を抜きにしては考えられないのではないのか?
韓国が全く努力しなかったとは言わないが、彼らが自慢するサムソンだって、日本の素材や部品・製造機械があってこそ、製品を組み立てることで輸出製品の分野で日本を追い抜いただけであると、日本人は皆思っている。いつだって抜き返せると思っている。
何となれば、長く培ってきた基礎力が違うからである。彼らがその域に達するには膨大な時間と資金、何よりも地道な研究が必要なのであることも知っての上である。
日本はそれをしてきたが、韓国が今からそれができるとは思えない。美味しい所どりして楽をすることに慣れてしまった性情は、簡単には方向転換できまい。

どうして争うことを優先させて、仲良くすることで互いの長所を補完しあうことを目指さなかったのだろう。
不買運動とやらで息巻いているが、日本からの物が全て無くなったら、彼らの国の製造業はその殆どが成り立たないのだということが全く解かっていないように感じる。
日本では、韓国製品の不買運動なぞ起こらない。ありようを言えば、買いたいものがないからだともいえるが、日本人の嫌韓は韓国の反日運動へのリアクションだけのことであって、根拠のない反日運動を改めて正常な感覚を彼らが取り戻せば、すぐに元にもどるであろうに・・・
日本人の精神の根底にあるのは和の心。その大義のもとに語族協和を願ったのである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。

小説は、こちらでお読みください。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

小説も童話も、カクヨム 百神井応身(シャクジイオウシン)で検索してみて下さい。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.