FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

コロンブスが発見した?
Colunbus discovered America.
そういう文例で英語の教科書で習った。
コロンブスがアメリカ大陸を発見したという歴史がらみの話でもあったが、それに続く負の歴史というのは、教えられることはなかった。

Christopher Columbus (1446-1506)は大西洋を横断した航海者で、イタリアのジェノヴァの人だが、スペイン王の事業として数回にわたり新大陸の東岸を探検した奴隷商人でもあった。
1492年に新発見したというが、ちょっと待って欲しい。
ヨーロッパ人としては発見だったかも知れないが、そこには1億人を超える人たちが現に住んでいたのだから、コロンブスはアメリカ大陸に行ったと言わなければおかしいのではないのか?

それから僅か5百年ほどで、原住民は殆ど駆逐されてしまった。
南米諸国も、スペインやポルトガル人たちにより軍事的に征服されて、植民地として支配されたのである。殺戮と破壊、略奪の限りを尽くし、その地で築かれていた文化は壊滅した。
その先兵を努めたのが宣教師であるとしたら、彼らの言う神とは一体何なのだろう?

いずれの地も無人だったのではなく、原住民が平和に暮らしていたのである。
伝染病まで持ち込んだ結果、その地の住民が激減すると、アフリカから奴隷を連行して労働力としたというえげつなさを省みることは今に至るもない。
歴史というのは西洋史観によるのか、そういう負の部分に光が当たることはまずない。
しかし、現在に至るも世界で繰り返されている民族紛争などには、被植民地であったことが遠因ではなかろうかと思えるものが多いように思えてならない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。

小説は、こちらでお読みください。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

小説も童話も、カクヨム 百神井応身(シャクジイオウシン)で検索してみて下さい。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.