FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

顔も知らない先祖の恨み
恨みを晴らすとかなんとかを思い込まされているのかも知れないが、あまりにも前近代的である。
法治国家というのは、法に基づいてのみ行う。
その昔だって、無差別に認められていたものではなく、厳しい手続きが必要であった。

敵討(かたきうち)、または仇討ち(あだうち)は、直接の尊属を殺害した者に対して私刑として復讐を行うという武士階級だけに許されていた中世日本の制度である。敵討を果たした者に対して、討たれた側の関係者がさらに復讐をする重敵討は禁止されていた。
仇討ちは意趣返しとは違う。
「仇討ち」の赦免状がだされるには厳密な制限があった。
公的に対処ができなくて、関係者による自力救済の側面が殺人を目的とするために、むやみやたらと仇討ちを認めるわけにはいかず、その運用にはとんでもなく厳しい制限が課せられていたのは当然である。
まず、仇討ちが認められる対象からして厳しい。
物語りで目にする道端で遭遇して敵討ちができるようなものではなく、役所に届け出て許可をもらい、場所を設けて決闘するという決まりだった。
両親や兄などの血縁の中でも目上の人物が殺された場合には仇討ちできる。しかし、妻や子供、弟や妹のためには、如何に恨みが深かろうと仇討ちは認められていなかった。
それは自分が仕える主君が殺害された場合であっても、血縁関係がないので仇討ちは認められなかった。
有名な仇討ち物語に赤穂浪士の仇討ちというのがあるが、如何に忠義が重要視されていた時代であっても違法なものとされた。
社会の秩序の保全からみても、国や地域社会などの公の部分が犯人を裁き処罰するという国家的公刑罰権の確立が近代国家の基礎である。自力救済というのが許されないことになるのは法治国としては当然であり、明治時代には仇討ち禁止令が出された。

自分が恨みだと信じ込んだものにいつまでも捉われ、仕返しをしようとすることなぞ、近代国家にとっては論外ということになる。
それが見当違いなものだとなれば尚更のことである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。

小説は、こちらでお読みください。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

小説も童話も、カクヨム 百神井応身(シャクジイオウシン)で検索してみて下さい。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.