FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

嫌いになってしまっただけ
韓国は敵か?
日本のマスコミと一部識者?が必死になって韓国擁護の主張を叫んでいるが、はっきり言わせてもらえば、彼らがこれまでに成してきた偏った言動が、全く国民の信頼も同意も得られていないということであって、いかに躍起になって騒いでみても、嫌韓の風潮はもう止めようがないのではなかろうか?
敵か?と聞かれれば、日本人の殆どは、韓国を敵だとして相手にするまでもないというのが本音であろう。もうかかわりを持ちたくないと思ってしまっただけのことである。
ほんの数年前までは、日本人も韓国と仲良くしていこうという人が増えてきていたと思うが、それが無駄な努力だと変わってしまった原因は、一方的に韓国側にある。
際限もなく、次から次へと嫌がらせを繰り返すのだから、仕方あるまい。

韓国を庇いたくて仕方がない勢力が、焦りまくって、親日的な意見を述べる韓国人を選んで取材し、韓国人にもこういう人がいるのだからと報道するが、そんなことで韓国人の大多数が日本を敵視していることを覆い隠しはできまい。彼らの本音が反日なのだということは、もうバレバレなのである。
どちらかと言えば、日本人の方が韓国を容認している人が多いのだと感じる。

しかし、敵視はしないまでも、嫌いな人と付き合いたいとは思えないのも事実。
身から出た錆だということであろうが、この先に錆落としをするような機運が彼らの側に生まれるかどうか甚だ心もとない。

世界に帝国主義の時代があったという歴史は、今更覆しようがない。
日本はそれでも謝罪や賠償をしてきたが、世界各国ではその問題を抱えたまま打ち過ぎているのが現実問題である。
戦後何十年も過ぎてそれに囚われていては、先に友好関係を築くことは永久にできないから、政治的には決着がつかなくて言い合いを続けるとしても、なんとか折り合いをつけ合おうとしているのが世界の実情であろう。戦勝国と言われる米国も英国も仏国もロシアも中国もそれは同様である。
誇りをかけて戦いもせず敗戦国となった諸国では、今も苦しい状況下にあると思うが、未来のために国の発展を目指して努力している。

えてして感情的になることはやむをえないにしても、証拠のある事実を基にしての議論でないと、いつまで経っても決着はつくまい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。

小説は、こちらでお読みください。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

小説も童話も、カクヨム 百神井応身(シャクジイオウシン)で検索してみて下さい。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.